2013年02月10日

駐日フランス大使とお茶会

皆さん新聞等でご存知かと思いますが、7日〜8日にかけて駐日フランス大使のクリスチャン・マセ氏が福井を訪問されました。
主な目的は原子力関連施設の視察でしたが、忙しい日程の合間を縫って福井日仏協会の役員とのお茶会が実現しました。場所は県庁から程近いフランス料理店「サロン・ド・シェフ・ナカヲ」。

お茶会401.jpg

当日はクリスチャン・マセ大使、クリストフ・グゼリ原子力参事官、大使付通訳の三宅薫子さんの3名にお越し頂き、日仏協会からは芹川、大城、増子、在原、安形、川口の6名が出席。

お茶会201.JPG

まずは大使から挨拶があり、福井において日仏協会が活発に活動していることや幅広い世代の会員がいることへの賛辞を頂きました。また昨年のクリストフ・マルケ氏の講演会やジャンヴィエ総領事のコンサートもご存知でした。
協会のメンバーから自己紹介を始めましたが、マセ大使は各自の仕事内容について興味深そうに質問され、また子供や家族の事などを質問されました。お話をしてみて実に幅広い分野についてよく知っておられると感じました。

お茶会101.JPG

大使からは日本とフランスの関係ついて触れ、経済分野での結びつきが強まっていることや文化交流の重要性について話されました。またフランスでは近年日本に関心を持つ人が増え、日本人アーティストの活躍や日本製品、あるいはフランスで放送されている日本のアニメや漫画に夢中になる若者の存在を挙げ、日本に来る旅行者も増えているそうです。

フランス大使館では東京のみならず、全国各地にある日仏協会やフランス関連組織との連携を重視して、これまで以上に日本におけるフランス・ネットワークの構築に力を入れ日仏交流を促進していくそうです。
これは設立から3年目の若い福井日仏協会にとっては追い風ですね^^
協会としてもフランス大使館との交流を積極的に行ないたい旨を伝え今後の協力をお願いさせて頂きました。

お茶会301.JPG

コーヒーやケーキを楽しみながら約50分ほどのお茶会はリラックスしたムードで行なわれ、雑談でも大いに盛り上がりました。偶然ながら今回出席の役員は全員がフランス語を話せるメンバーでしたので、会話も弾んで福井日仏協会の印象を強く感じて頂けたかもしれません。

記念写真201.JPG
最後にマセ大使を中心に記念写真。

大使にはまた是非福井に来ていただきたいものです。





posted by olivier at 02:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

'13年 新年交流会【報告】

文化講座終了後は同じく「シェ・ピノリ」さんで新年交流会が行われました。


RIMG4043.JPG

芹川会長の乾杯のあいさつの後、
ジャンヴィエ夫妻に来福の感謝の意味も込め会員による歌のプレゼントも!

RIMG4044.JPG

会員Rさんのピアノ伴奏に合わせての
AさんのカウンターテナーとOさんのテノールのハーモニーがとても素晴らしかったです♪
あまりの素晴らしさに参加者の方からも拍手喝采でした!
また聴ける機会があるといいですね〜♪

そしてそして。
この日はジャンヴィエ総領事から
一生に一度お目にかかれるかどうか分からないとても貴重なものを拝見させていただきました。
それがコチラ!↓

RIMG4048.JPG

実はこれ、フランスの国家勲章の一つ、
「レジオンドヌール勲章(L'ordre national de la Légion d'honneur)」という勲章なんです!!
ジャンヴィエ総領事は先日この勲章を受勲され、
総領事のご厚意で各テーブルに回していただき、間近で拝見させていただくことが出来ました。
今回の受勲も、ジャンヴィエ総領事の長年の功績が認められての褒賞だったとのことなので、
貴重な場にいることが出来て光栄でした。

ジャンヴィエ総領事は今年で退任されるとのこと。
何度か福井に来福していただき、
さらにはバグパイプの演奏までしてくださったりと大変お世話になりました。
また、日本に来日される機会がありましたら、福井にも足を運んでいただけると嬉しいですね。


さて、しばしの歓談タイムの後、恒例のゲーム大会の始まりです!

昨年はビンゴ大会でしたが、今年は時勢にならって(?)の「じゃんけん大会」でした!
(丁度人数も同じくらいの人数でしたね)
今年も優勝者には「バカラのグラス」です!!ちゃんとシリアルナンバー入り!

人数が多いので、8人までに人数をしぼり、それからトーナメント形式での上位決定戦でした。

決勝ラウンド.jpg
どの位置に自分の名前を書くのかでも運試しですね…。



そしてそして。

白熱の決勝トーナメントを勝ち抜いたのは!


敗者復活戦から勝ち上がり、先ほど見事な歌声を披露してくださったAさんでした〜!

じゃんけん大会.jpg
ジャンビエ総領事から優勝賞品の授与です!

Aさん、おめでとうございました!!


その後は、フランスマニアッククイズ大会!

フランス好きの福井日仏協会会員なら簡単に答えが出せるであろう(?)、フランスに関するクイズ大会が行われました。
問題にはフランスの観光名所に関するものや、
現在のフランス首相の名前、お菓子の産地、フランス国旗について、
…など、本場フランス人ですら「え〜??」と唸るような難問も出題されました。
観光ガイドブックを読んでいるだけじゃわからない問題もあったので、面白かったですね〜。

RIMG4051.JPG
シェ・ピノリさんのお料理も美味しかったです♪


新年交流会としては2回目になりますが、
今回も50名以上の方にご参加を頂きました。
一般参加の方も結構いらっしゃって、
福井日仏協会の活動を知ってもらえる機会になったかと思います。
福井日仏協会は気軽でsympathique(サンパティック/感じの良い)な会ですので、
会員ではない方も文化講座や交流会など、お気軽にご参加くださいね♪
もちろん、会員の方でこれまで交流会に参加し辛かった方もお待ちしております!


posted by naoko at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

第10回フランス文化講座【報告】

1月26日に福井市の「シェ・ピノリ」さんにて
第10回フランス文化講座と新年交流会が開催されました。

今回の文化講座は、在京都フランス総領事のフィリップ・ジャンヴィエ・カミヤマ氏を講師にお迎えしてのバグパイプの演奏でした。

ピノリ外観.jpg

昨年は快晴だったのですが、本年は生憎の雪模様…。
ですが、ジャンヴィエ夫妻は
「京都では滅多に雪が積もらないから、今日の雪景色は美しいですね。」
とおっしゃって下さって良かったです。
(しかし、この雪が後々のパニックを引き起こすことになるのですが…。)


日本では『バグパイプ』というと「スコットランドの楽器」とイメージされる方が多いと思いますが、
実はバグパイプには様々な形があり、
フランスはもちろんのこと、ヨーロッパを中心に広い範囲で演奏されている楽器です。
今回はその様な背景も交えて、バグパイプの歴史や構造なども解説してくださいました。

RIMG4033.JPG
音を出す空気を貯める袋に被せてある布はスコットランド伝統のタータンチェックです。
被せる布に決まりはないそうです。


総領事お一人の演奏でも結構な音量があったのですが、ヨーロッパではパレードの時などに何十人もの隊列になって演奏されるそうで、いくら外だとはいえすごい迫力がある演奏になるんでしょうね!

アメイジング・グレイスやスコットランド・ザ・ブレイブなど日本の方にも耳なじみのある曲も演奏され、滅多に聞く機会のないバグパイプの貴重な演奏に、参加された皆さんも興味深そうに耳を傾けていらっしゃいました。

演奏が終わった後の質問コーナーでは、会員の皆さんからの質問に答えて下さったのと同時に、何名かに実際に演奏をさせて頂くチャンスが!

RIMG4038.JPG
この楽器、演奏したことがない方にとっては音を出すのも本当に大変そうでした。


ジャンヴィエ総領事は長年バグパイプを演奏されていらっしゃる方ですが、
この日の為に忙しいお時間を割いて練習して来られたそうです。
福井日仏協会のために素晴らしい演奏をして頂き、本当にありがとうございました!

総領事はまた、
「福井日仏協会は、設立年数はまだ3年と若い会だが、
 活気があって会員皆が楽しんで活動されている会だと思う。
 どうかこれからも活動を続けて行ってほしい。」
とも仰って下さいました。

協会の方では今後にむけて様々なイベントを企画中です。
出来るだけ多くの方に楽しんでいただけるよう、知恵を出し合って考えてきたいと思いますので、
皆様も「Bonne idée」がありましたら、遠慮なくおっしゃって下さいね!


次回文化講座は4月13日(土)を予定しております。
詳細が決まりましたら、会報やこのブログ等でご連絡させて頂きますので、
今しばらくお待ちください。


posted by naoko at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。