2018年09月03日

マチルドのニュースレター(9月号)

大野市役所にお勤めのマチルドさんから、ニュースレター9月号が届きました。フランスの9月は新学期を迎えるので、今回はフランスの教育制度に関する情報をお届します。では、早速ご覧ください。ニュースレターをクリックすると、紙面が大きくなりますよ。(クリックして「非公開の画像です」と表示されたら、そこをもう1度クリックしてください。拡大可能な紙面が表示されます。)

lettre d'information septembre 2018.png

lettre d'information septembre 2018 (2).png






posted by 福井日仏協会 at 21:18| Comment(0) | フランス関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

【総会と文化講座のご案内】2017〜2018年度総会及び第31回文化講座、交流会のご案内

【総会と文化講座のご案内】
2017〜2018年度総会及び第31回文化講座、交流会のご案内

日 時:2018年9月15日(土) 15:00〜20:00
日 程:2017〜2018年度総会 15:00〜16:00
第31回文化講座 16:15〜17:45
交流会 18:00〜20:00
会 場:福福小屋/福井市観光物産館 福福館奥(ふくぶくかん)(福井市中央1丁目2−1 ハピリン2F 0776-20-2929)

●第31回文化講座
ヴィクトル・ユゴー『ノートルダム・ド・パリ』の面白さ
講 師:福井県立大学(非常勤、フランス語担当) 近藤壽良先生
時 間:16:15〜17:45
会 費:会員無料、非会員500円

歴史に「もし」は禁句ですが、もし『ノートルダム・ド・パリ』が書かれていなかったら現在私たちが目にするノートルダムとは、違った姿になっていたことは、間違いありません。少なくとも当然のように思っている怪物の姿はなかったはずです。『ノートルダムの鐘撞き男カジモド』としてアニメにもなっている物語ですが、物語を再考するととともに、原作が19世紀のパリに与えた影響力について原作の、第3章1.ノートルダム、2.パリ鳥瞰を精読することによって考えてみたいと思います。

●交流会
文化講座講師の近藤壽良先生を交えて、楽しいひとときを過ごしましょう。
時 間:18:00〜20:00
会 費:会員4,500円、非会員5,000円(立食、飲み放題)
締 切: 9月10日(月)

申し込みは「福井日仏協会事務局」まで
メール:fukui_france@outlook.jp
Fax:0776-34-3878
posted by 福井日仏協会 at 17:13| Comment(0) | フランス関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

夏のワイン会(報告)

去る8月3日に、グリル葵で夏のワイン会が開かれました。参加者は17名でした(うち会員は3名)。
ウエルカムドリンクはストラスブールの白ビール。それに、シャンパン、白、ロゼの5種類のワインと、Bix&Markiのさわやかな音楽を楽しみながらの2時間半は、あっという間に過ぎてしまいました。途中、プティフランス語講座を織り交ぜながら、お喋りも大いに盛り上がりました。

20180803-02.jpg

20180803-04.jpg
posted by 福井日仏協会 at 22:05| Comment(0) | フランス関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。