2017年06月01日

【おすすめ】版画にみる「美しき時代 ベル・エポック展」

【おすすめ】版画にみる「美しき時代 ベル・エポック展」 〜ロートレックたちが描いた華麗なる巴里〜
19世紀末のパリの風俗を垣間見られる版画展です。
ベル・エポック(良き時代/美しき時代)とはフランスにおける19世紀末から1914年までの約25年間で、パリを中心に新しい文化・芸術が栄えた時代を指します。

6月3日(土)〜7月9日(日)
休館日:6月5日(月)、12日(月)、19日(月)、26日(月)、7月3日(月)
午前9時〜午後5時15分(入館は午後4時45分まで) 
※6月3日(土)は午前10時開場
福井市美術館 [アートラボふくい]0776-33-2990
一般1,000(800)円、大・高生700(600)円、中・小学生200(100)円  ※( )内は団体料金。団体は20名以上。障害者手帳提示者および介護者1名、未就学児は無料。
H P
http://www.art.museum.city.fukui.fukui.jp


posted by 福井日仏協会 at 15:25| Comment(0) | フランス関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。