2017年04月05日

【報告】第2回ローレンとギヨムのフランス料理教室

【報告】第2回ローレンとギヨムのフランス料理教室

福井日仏協会と、小松市の文化民家を拠点に活動するローレンとギヨムによるコラボ企
画の第2回フランス料理教室が、3月20日に開かれました。今回も福井市のG・Co
okを会場に、10人が参加しました。
rps20170330_172608.jpg

rps20170330_172449.jpg


今回のメニューはじゃがいもとひき肉を使った定番の家庭料理「Hachis Parmentier ア
シ・パルマンティエ」と卵白のデザート「Oeufs a la Neige ウ・ア・ラ・ネージュ」
の2品です。じゃがいもの皮むいたり、具の豚ひき肉とタマネギを炒めたり、クレーム
・アングレーズづくりなどの調理を参加者が交代で行い、ウ・ア・ラ・ネージュでは泡
立てた卵白の形を整えてお湯に落とす作業は全員が体験しました。
oeufbland.jpg

アシ・パルマンエティエは、じゃがいものピュレで挽肉の具を挟んで焼いたグラタン。
「パルマンティエ」は人の名前です。
parmatier.jpg

fromage.jpg

ウ・ア・ラ・ネージュは「Ile Flottante イル・フロッタント(浮いた島)」ともいい
、クレーム・アングレーズの上に卵白をのせ、カラメルをかけます。
oeufalaneige.jpg

二人は日本語とフランス語を交えながら材料や調理方法を説明し、手書きのルセットも
準備してくれました。教室を通して、食材や調理方法など、新しいフランス語を覚られ
た人も多かったのでは?
creme.jpg

アシ・パルマンティエでは「色がきれいだからチェダーチーズを使うの」「丸いセルク
ルに入れて作ると、できあがりがきれい」などロレーヌのこだわりや、オリーブ油とバ
ターの使い分けの感覚、お塩一つまみのフランスと日本との違いなど、料理に関するい
ろんなお話も聞かせてもらえる午後となりました。
(畑)


posted by 福井日仏協会 at 15:03| Comment(0) | 福井日仏協会イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。