2010年05月16日

日仏交流への想い

ずっと仕事でバタバタした毎日ですっかり更新が出来ない状態でした。
運営スタッフのほとんどは仕事しながら協会に関わっているので、いっぺんにいろいろ出来ない状態ですが、それでも少しづつ前進しています。

私もいろいろな人に声を掛けているところで興味を持ってくださる方も少なくないです。ただどれだけ会員になって頂けるかは未知数ですので今後も粘り強く宣伝していきたいです。

私自身、日仏交流に関しては漠然と何か出来ないかという思いがずっとありました。友人や知人との個人的な交流というものは細々とやっていましたが、日々の生活の中で仕事に追われたりして余裕がなく具体的に動くまでは至りませんでした。
また以前は神奈川県に住んでいましたので東京にも近くフランスのコミュニティーもいろいろある事から、具体的にそうした事をやる強い衝動が起きなかった側面もあります。

ただ福井に来てからフランス関係のイベントやフランス人の少なさに直面し、また他県にあるような日仏協会もなく何か物足りない気持ちで過ごしてきました。
それでも福井生活が長くなるにつけフランス好きな人や県内及び近県のフランス人たちと交流していく中で、フランスに対する思いが沸々と湧いてくるようになり、県内でフランス文化を盛り上げたいと思うようになったのです

もうだいぶ前ですがフランスに留学して国立の学校でほとんどただのような学費で学ばせてもらい(日本の国立大学の学費の高さは驚くべきものです)、国の教育に対する手厚さを実感しました。またフランス人の寛容さや生活を楽しむ姿、程よい個人主義、独自性を重んじるところ等・・・、フランス生活はその後の私の人生に大きな影響を与えたといっていいかと思います。

そうした事から協会を通じて少しでもフランスに恩返ししたい、それが微力ながら福井の方のお役にも立てることなのかなと感じ、お手伝いさせて頂いています。



【関連する記事】
posted by olivier at 13:00| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。