2017年11月08日

【報告】第27回フランス文化講座「フランスのお菓子・フランスの暮らし」

今回、元より福井日仏協会の会員で、鯖江市内のご自宅で「ママのためのお菓子教室Apres-midi」を主宰する若林嘉織さんを講師に、表題の内容でお話をきかせてもらいながら、クリームたっぷり・程よい甘さの「ルーロ・モンブラン(Rouleau Mont Blanc)」を参加者全員でいただきました。

IMG_3068.JPG
10月28日(土)15:30〜福井ガレリア元町su_mu1F会場で

IMG_3011.JPG

大学ではスペイン語専攻で、就職後にお菓子に目覚めてから自力でフランス留学を決めたというエピソードに、皆さん驚きと感激といった表情でした。現地フランス語学校に入り、自力で働けるお菓子屋さん1軒ずつ周った結果、Lyon郊外のBour-en-Bresseの老舗に籍を置くことができた・・までの経緯についてもお話をききました。
また、Parisのフランス定番菓子とは一味違う地方独特のデコレーションや、地元の材料を使った地方菓子のお写真、自身で復習のために綴っていたデザイン画についても見せてもらいました。

IMG_2978.JPG

IMG_2944.JPG

終盤はLyon 緯南の地方を旅して、あっという間の帰国・・のお話になりました。
そして、あっという間の90分の対談でした。
会場を変えず、その後の交流会では個々に講師への質疑応答やご自身の留学時のお話、普段のお教室の問い合わせなどで話が盛り上がりました。
最後になりますが、会場のマスター・スタッフの皆様 快いご対応いただき大変ありがとうございました。
(棗)


posted by 福井日仏協会 at 21:07| Comment(0) | フランス関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。